日給や時給アップの交渉をするコツとは

日給や時給アップの交渉をするコツとは

日給や時給アップの交渉をするコツとは アルバイトをしている場合、雇用主に対して時給や日給の交渉を切り出すのにはかなりの勇気がいるのが普通です。交渉を持ちかけることによって、後で雇い主から嫌な目で見られたり、変な差別を受けたりするかもしれないという心配も出てきます。しかし、何も言わなければ給与はずっと変わらないという職場も少なくありませんから、少しでも声を上げてみることは大切です。では、具体的にどのように切り出せばいいのかと言うと、正攻法としては、まず直属の上司に「ちょっとお話があるのですが」と相談を持ちかけた上で、きちんとした給料を上げてほしい理由を伝えて、はっきりと給与を上げてもらいたい旨を伝える方法です。あまり思いつめた雰囲気で言うよりもダメで元々という気持ちで聞いてみましょう。

ポイントは深刻な面持ちではなく、ちょっとした雑談をする気持ちで、「給与ってどんな感じであがっていくんですかね〜」という風にさりげなく、あっけらかんとした雰囲気で聴いてみることです。そういう雰囲気の方が相手も返事を返しやすく、もっと上の責任者に対して話を上げてくれることに協力してもらいやすいかもしれません。ただし、前提として普段からきちんと仕事を真面目にこなしていることが大切であることは言うまでもありません。

Copyright (C)2019日給や時給アップの交渉をするコツとは.All rights reserved.